間取り図とは?平面図、建築図面との違いはどこ?

間取り図の概要

その部屋の広さや配置などの情報を確認するための図面が“間取り図”です。
不動産広告の多くは、詳細情報とあわせて間取り図を掲載していて、パッと見ただけでもどのような部屋なのかがわかるようになっています。

ちなみに、間取り図では具体的に部屋の種類や配置、広さ、向き、ドアの開閉方向などを確認します。
さらにじっくり見ると、以下のような情報を得ることも可能です。

  • 生活動線
  • 日当たり
  • 風通し

一方、中には得にくい情報もあります。
例えば、以下の情報を知るには、立面図や断面図の方が適しているでしょう。

  • 実際の開放感
  • 窓やドアの縦のサイズ、形状

間取り図と平面図の違いは?

間取り図と似たような図面に、“平面図”があります。
ただ、これらは似ているようで実はまったく異なるものであるため、この機会に区別できるようにしておきましょう。

主な違いとしては、以下のことが挙げられます
  • 寸法の正確性
  • サイズ

寸法の正確性

間取り図は、その部屋のレイアウトを表すための図面です。
よって、寸法を重視して作成する必要がありません。
一方、平面図は正確な寸法、縮尺で作成されるものであり、図面を見れば寸法的な整合性が取れているかをチェックできます。

サイズ

間取り図は、その部屋の広さやレイアウトさえしっかり確認できれば、基本的にはどのようなサイズでも構いません。
ただ、平面図は寸法、縮尺の正確性があるため、ある程度サイズにこだわって作成する必要があります。

間取り図と建築図面の違いは?

間取り図と似ているもう1つの図面には、“建築図面”が挙げられます。
これも、実際には間取り図と似て非なるものであるため、以下のような違いがあることを覚えておきましょう。

  • 作成の自由度
  • 種類の多さ

作成の自由度

間取り図は、専門業者や不動産会社などが、専用のソフトを使って作成するため、作成者によって出力方法や縮尺もまったく異なります。
つまり、作成の自由度が高いということです。
一方、建築図面は、設計士がCADを用いて作成するより技術的な図面のため、お世辞にも自由度が高いとは言えません。

種類の多さ

間取り図の種類は、基本的には部屋の間取り等の情報をまとめた1種類しかありませんが、建築図面には以下のようなあらゆる種類が存在します。

  • 電気図面
  • 照明設計図
  • 展開図

おさらい

この記事のポイントは以下になります。

間取り図を見ることで、主に以下の情報を得られる

  1. 部屋の種類
  2. 配置
  3. 広さ
  4. 向き
  5. ドアの開閉方向

間取り図は、以下の情報を得ることには適していない

  1. 実際の開放感
  2. 窓やドアの高さや設置位置、およびその形状

間取り図が平面図よりも優れている点

  1. 寸法を重視して作成する必要がない
  2. 基本的には自由なサイズで作成できる

間取り図が平面図よりも優れている点

  1. 作成の自由度が高い
  2. 設計士でなくても作成が可能
  
  

モバイルショップ

ショップについて

チラシ・販促のお手伝い
〜間取り図屋さん〜

  • 業界初、間取り作成代行のネット通販サービス
  • 間取り図制作12年の実績、毎日1,000物件以上作成!
  • 主要納入先:住友林業ホームサービス、三菱UFJ不動産販売、飯田産業 ほか仲介会社・管理会社300社
◆間取り図以外のサービスもあります◆ GMClogo

毎日営業!定休日はありません
制作時間は10時〜18時
※大型連休における休業日は
お知らせにて事前に告知します。