間取り図作成代行を進める時に注意する5つの事(チラシ掲載用途)

目に留まるデザインかどうか

チラシに掲載する間取り図は、とにかく人の目に留まるデザインにする必要があります。どれだけ正確な情報を記載しても、閲覧者にスルーされてしまっては意味がありません。

よって、依頼する代行業者を決定する際には、このことを理解している業者かどうかが重要になります。

用途に合ったプランを提供しているかどうか

例えば、シンプルな賃貸物件の間取り図を作成したい不動産会社、広告代理店がいるとしましょう。

しかし、依頼する間取り図作成代行業者に、高級マンションのプランしかない場合、こちらは用途に合ったプランとは言えません。

よって、依頼するのであれば、基本デザインと高級デザインの両方のプランを提供してくれる代行業者をおすすめします。

ボリュームディスカウントに対応しているかどうか

“ボリュームディスカウント”とは、大量の発注を理由として行う値引きをいいます。こちらは、日々大量のチラシを作成する不動産会社、広告代理店にとっては、非常にありがたいサービスであるため、対応しているかどうかは必ずチェックしておきましょう。

例えば、毎月定められた件数の間取り図を継続して発注すれば、割引されるような代行業者がおすすめです。

細かい対応をしてくれるかどうか

チラシ掲載用途の間取り作成代行を依頼する場合、間取り図の色や設備などの仕様について、指定通りに制作してくれることはもちろん、文字表記の変更や戸建ての外構描画、寸法の表記なども行ってくれる代行業者を選びましょう。

また、これらの細かい対応について、無料もしくは低価格で行ってくれる代行業者は特におすすめです。

販売図面の作成代行サービスがあるかどうか

チラシ掲載用途の間取り図は、ほとんどが販売図面に掲載するものとして使用されます。

また、不動産会社や広告代理店は、販売図面の間取り図部分のみ代行業者に作成してもらい、その他は自社で作成するというケースも多いかもしれませんが、こちらは決して楽な作業ではありません。

よって、少しでも負担を軽減させたい場合は、間取り図部分だけでなく、販売図面を包括的に作成してもらえる代行業者を選びましょう。

おさらい

この記事のポイントは以下になります。

チラシ掲載用途の間取り図作成代行を依頼する場合は、以下のポイントをチェックする


  1. 目に留まるデザインかどうかの間取り図を作成する代行業者かどうか
  2. 用途に合ったプランを提供しているかどうか
  3. ボリュームディスカウントに対応しているかどうか
  4. 細かい間取り図の対応をしてくれるかどうか
  5. 販売図面の作成代行サービスがあるかどうか
  
  

商品を検索

カテゴリーから探す

ご依頼について

コラム

モバイルショップ

ショップについて

チラシ・販促のお手伝い
〜間取り図屋さん〜

GMClogo
グッドモーニングコミュニケーション

>GMCサービスサイト
>GMC会社案内サイト

・業界初、間取り作成代行のネット通販サービス
・間取り図制作12年の実績、毎日1,000物件以上作成!
・主要納入先:住友林業ホームサービス、三菱UFJ不動産販売、飯田産業 ほか仲介会社・管理会社300社

定休日:水曜日(2022年1月1日から)
制作時間は10時〜18時
※大型連休における休業日は
お知らせにて事前に告知します。