間取り図の“トレース”とは?

トレースの本来の意味

トレース”とは、絵やイラストなどを別の紙に写し取る技法をいいます。
イラストの基礎練習や作業効率化に用いられるもので、イメージとしては、子どもが好きな漫画の表紙、イラストに紙を重ねて行う“なぞり描き”に近いです。

依頼主が使用するトレースの意味

不動産会社や広告代理店が、間取り図作成代行の専門業者に「トレースをしてほしい」と依頼する場合は、以下いずれかの意味である可能性が高いです。

  • 間取り図の写し絵を作成してほしい
  • 平面図、竣工図をデフォルメしてほしい
  • 間取り図を画像データに変換してほしい

つまり、依頼主によって、トレースという言葉の意味は変わってくるということです。

間取り図作成代行の専門業者が使用するトレースの意味

間取り図作成代行の専門業者も、依頼主の要望に合わせて話を進めるため、さまざまな意味でトレースという言葉を使用します。

例えば、依頼主がデフォルメを希望する場合、“トレース=デフォルメ”という解釈で話が進みますし、“トレース=紙媒体からデータへの変換”という意味で言葉を使用するのであれば、間取り図作成代行の専門業者もそれに合わせます。

よって、間取り図作成代行の専門業者におけるトレースの意味は、シンプルに“間取り図作成をすること”と思っていただいて差し支えないでしょう。

ちなみに、間取り図作成代行の専門業者は、以下のような細かい要望を聞き入れ、依頼主の理想に近い間取り図を作成します。

  • 原稿をなぞり、複製品のように間取り図をトレースしてほしい
  • Webサイトでよく見る間取り図のようなトレースをしてほしい
  • サンプル間取り図のデザインに似せつつ、異なる間取り図のトレースをしてほしい など

間取り図のトレースを依頼すべき専門業者について

以下の特徴を持った間取り図作成代行の専門業者は、気軽にトレースの依頼がしやすいため、不動産会社、広告代理店にとってはおすすめです。

  • ボリュームディスカウント(大量発注に伴う値引き)に対応している
  • 発注後、24時間以内の納品が可能
  • 間取り図のサンプル(マンション、戸建て、土地・区画図、インテリア付き間取り図など)が豊富
  • オプション料金の発生項目が少ない

おさらい

この記事のポイントは以下になります。

“トレース”は本来、“絵やイラストなどを別の紙に写し取る技法”を指す言葉


不動産会社、広告代理店が使用するトレースの意味

  1. 写し絵の作成
  2. 平面図、竣工図のデフォルメ
  3. 紙媒体から画像データへの変換

間取り図作成代行の専門業者のトレースの意味は、間取り図作成をすること

  
  

商品を検索

カテゴリーから探す

ご依頼について

コラム

モバイルショップ

ショップについて

チラシ・販促のお手伝い
〜間取り図屋さん〜

GMClogo
グッドモーニングコミュニケーション

>GMCサービスサイト
>GMC会社案内サイト

・業界初、間取り作成代行のネット通販サービス
・間取り図制作12年の実績、毎日1,000物件以上作成!
・主要納入先:住友林業ホームサービス、三菱UFJ不動産販売、飯田産業 ほか仲介会社・管理会社300社

毎日営業!定休日はありません
制作時間は10時〜18時
※大型連休における休業日は
お知らせにて事前に告知します。