間取り図の作成は外注した方がいい理由

間取り図とは?

間取り図とは、部屋の大きさや配置などが簡単に確認できる、不動産会社等が作成する平面図のこと。
間取り図を全て自作で対応しているところもありますが、間取り図の作成は外注した方が断然良いです。
なぜなら、以下のようなことが挙げられるからです。

理由1:自作では限界があるから

Excelや専用ソフトを使って自作している方がいますが、それを完璧に使いこなせるかは別問題です。
実際に顧客を満足させられるような良い間取り図を作成するには、ある程度の時間とスキルが必要で、自作には限界があります。

他にも、以下のようなデメリットがあります。
  • 作成に時間がかかる
  • 出来具合にバラつきが出る
  • 制作コストがかかる
 

でも、間取り図作成代行をすると、これらの問題が一気に解決されます。

理由2:作成時間を他の業務にあてることができる

間取り図を自作することで、本業に支障が出ている場合は、間取り図作成を代行するべきです。
本業に時間を割くことが出来なくなっている場合、明らかに自作する時間が負担になっています。
これでは本末転倒です。
また、プロにお願いすることで、顧客に満足してもらえる間取り図が作成できます。

理由3:制作コストを削減することができる

自力で間取り図を作成する場合、当然ながら制作コストが高くなります。
間取り図の種類が沢山があり、それに応じた材料が必要となること、市販の材料を使っていることが原因です。

これを一括で外注することで、コストカットができます。

 

理由4:集客力できる間取り図を作成してもらえる

間取り図は、デザイン・見やすさも重要です。
他社よりもデザインが良く、見やすい間取り図の場合、成約に結びつきやすいです。
結果、集客力がアップします。
逆に、間取り図のデザインが悪い場合、なかなか成約にまで至りません。

間取り図作成を外注する際のチェックポイント

間取り図の作成を外注する場合は、以下のポイントをチェックすること。
  • 営業日
  • 納期
  • 価格
 

営業日

出来るだけ24時間受注対応で、年中無休の業者がお勧めです。

納期

おおよその納期の目安はチェックしておきましょう。
注文量によっては、納期が想定よりも長くなる可能性があるからです。

価格

製作コストかけて自作するよりも、外注することでコストカットができますが、外注するということは、当然コストがかかります。
専門業者を選ぶ際は、価格プランのチェックが必要です。
さらに、オプションサービスもチェックしておきましょう。
少し予算を上乗せすることで、さらにいい間取り図が作成してもらえるかもしれません。

おさらい

この記事のポイントは以下になります。

間取り図作成は、以下の理由から外注した方がいい

  1. 自作では限界がある
  2. 作成時間を削減し、本業に集中できる
  3. 制作コストを削減できる
  4. 集客できる間取り図が手に入る

間取り図作成を専門業者に外注する際は、以下の3点をチェックすること

  1. 営業日
  2. 納期
  3. 価格
  
  

モバイルショップ

ショップについて

チラシ・販促のお手伝い
〜間取り図屋さん〜

  • 業界初、間取り作成代行のネット通販サービス
  • 間取り図制作12年の実績、毎日1,000物件以上作成!
  • 主要納入先:住友林業ホームサービス、三菱UFJ不動産販売、飯田産業 ほか仲介会社・管理会社300社
◆間取り図以外のサービスもあります◆ GMClogo

毎日営業!定休日はありません
制作時間は10時〜18時
※大型連休における休業日は
お知らせにて事前に告知します。