不動産会社こそ、間取り図作成代行を依頼しよう

間取り図作成代行サービスを利用することで、そのメリットを最も享受できる業界が、不動産会社でしょう。その理由について解説します。

問い合わせがアップする

間取り図を作成する目的は、買主へ物件情報をわかりやすく伝えることです。見づらい間取り図では、なかなか成約に結びつきません。

そこで登場するのが、“間取り図作成代行サービス”です。
間取り図作成代行サービスを利用すれば、見やすく、クオリティの高い間取り図を作成してもらえます。その結果、問い合わせ件数が上昇し、売上アップにも繋がります。

物件のオーナーにも喜ばれる

見やすい間取り図を作成することは、自社の売上アップという点において大きなメリットですが、物件のオーナー(売主)にも、喜ばれるというメリットもあります。

オーナーの満足度がアップすると、新たな売主を紹介してもらえる可能性も増えるでしょう。つまり、特別な営業を行わなくても顧客が途切れない環境を作れるということです。

WEBでも見やすい間取り図が掲載できる

間取り図作成代行サービスに依頼すると、Webでも見やすい間取り図が作成可能です。逆に、そうでない場合、なかなか集客はできないでしょう。

間取り図作成代行サービスは、あらゆる不動産会社から要望に応じて最適な間取り図を作成しているため、イメージ通りの間取り図が制作できます。

紙媒体とWebの両方の管理ができる

物件を紹介する際には、紙媒体もしくはWeb掲載した物件情報を閲覧してもらうことになります。
つまり、紙媒体とWeb、両方の物件情報を管理しなければいけないということです。

日々、膨大な物件情報・新着物件が更新されますので、それを管理をするのはとても大変です。
間取り図作成代行サービスを利用することで、作図に要した時間を物件管理作業に充当できるため、業務効率が向上します。

一旦データ化することで何度でも使える

代行業者が作成した間取り図は、基本的にデータで受け取るため、何度でも使うことができます。
同じ物件のものに関しては、再び作成を依頼しなくても構いません。

よって、“自社で作成する手間や負担は軽減されたものの、その分依頼する手間が増えた”というようなことが起こることもありません。

お薦めできる間取り図代行業者の特徴

では、数ある間取り図作成代行サービスの中でも、以下のような特徴を持つ代行業者をおすすめします。

  • 料金設定が分かりやすく明朗会計の業者
  • 1件からでも対応してくれる
  • 新規や修正依頼がスピーディーに納品される
  • 豊富な実績がある

まとめ

今回の記事のポイントは以下になります。

  1. 不動産会社は、間取り図作成代行サービスを利用する価値が大きい
  2. 間取り図作成代行サービスを利用することで、見栄えの向上がオーナー様や買主の好感につながる
  3. 紙媒体とWeb両方の物件資料管理が合理化できる
  4. お薦めできる間取り図代行業者の特徴を知ろう

以上の点を踏まえて、間取り図作成代行サービスを検討してみましょう!

  
  

商品を検索

カテゴリーから探す

ご依頼について

コラム

モバイルショップ

ショップについて

チラシ・販促のお手伝い
〜間取り図屋さん〜

GMClogo
グッドモーニングコミュニケーション

>GMCサービスサイト
>GMC会社案内サイト

・業界初、間取り作成代行のネット通販サービス
・間取り図制作12年の実績、毎日1,000物件以上作成!
・主要納入先:住友林業ホームサービス、三菱UFJ不動産販売、飯田産業 ほか仲介会社・管理会社300社

定休日:水曜日(2022年1月1日から)
制作時間は10時〜18時
※大型連休における休業日は
お知らせにて事前に告知します。