自作で(無料で)マイソクを作成する方法

 

マイソクを作成するのは、何もプロでなければいけないというわけではありません。自分で、お金をかけずに作成することも可能です。

ただし、作成する際は、それを見る、購入および入居希望者と不動産会社に注目されるように作成しましょう。

そのためには、マイソクをモノクロで作成するよりもカラーで作成し、物件の写真も掲載した方が、イメージが伝わりやすくなるでしょう。

立地や周辺環境の良さ、住宅の広さなど、物件の魅力が購入および入居者に伝わるように記載しアピールすることも大切です。

同じ物件に複数の部屋がある場合は、その情報も合わせて紹介すると物件全体のイメージがしやすくなります。物件のユニークセールスポイントは中央上部に記載して、キャンペーンなどがある場合はそれも目立つように記載しましょう。

次に考えなくてはならないのは、不動産会社の目にとまるようにすることです。

そのために押さえておいた方が良いポイントがあります。マイソクを作成する際、用紙の大きさや記載内容のレイアウトなどに公的なルールはありません。

しかし、用紙の大きさはA4またはB4で、横書きで書きましょう。

また、物件名とマンションなどの用途は左上に記載します。賃貸物件の場合は家賃、売買物件の場合は価格を大きく表示します。物件写真は左下、間取りには各部屋の畳数を明確に記載します。

また、売買・賃貸物件ともに手数料も明記し、賃貸物件の場合は元付と客付で何ヶ月分かを書いておきます。

多くの購入および入居者や不動産会社に注目されるためにも、上記の内容をおさえたうえでマイソクを作成しましょう。

Foxit Readerの使い方

無料で作成したい場合には、無料のソフトやテンプレートを使用しましょう。

無料のソフトを使用する一つの方法としてご紹介するのが、「Foxit Reader」というフリーソフトです。これはPDF閲覧ソフトですが、簡易編集機能も備えています。

使用するには、Foxit社のホームページからダウンロードします。
https://www.foxit.co.jp/downloads/

タイプライターやテキストボックスといった機能で、文字の入力が可能です。


特に、テキストボックスなら背景の色や外周の枠線の指定もできます。


鉛筆メニューで、直接文字を記入することも出来ます。その場合、色や太さも変更可能です。


定型スタンプを備えた、スタンプ機能もあります。

但し、自作では限界がある

自作をしてみても納得がいかない、限界があると感じた場合は、プロの代行業者に制作を依頼する方法もあります。そうすることで、不動産会社や購入および入居希望者の目にとまりやすいマイソクを作成できるでしょう。

例えば、プロの代行業者のGMC作成代行サービスでは、マンションや戸建て、土地・区画の販売図面や賃貸募集図面の作成代行サービスを提供しています。

シンプルなものから高級感のあるものまで多くのデザインを揃えていて、その中から好みのものを選ぶことができます。どれも質が高いものなので、安心です。


サンプル集はこちら

制作を海外で行うことで、低コストで高品質な販売図面や募集図面の作成を実現しているのもポイントです。

品質は、独自に品質基準を設けて入念なチェックを行っています。販売図面の制作を、安心して依頼できるでしょう。

お問い合わせはこちら

 

おさらい

この記事のポイントは以下になります。

マイソクは、業者のみならず、購入および入居希望者も意識して作成されている

自作でも問題ない

自作の際は、「Foxit Reader」を使うのがおすすめ

自作は限界があると思った場合は、制作専門業者に依頼しよう

おすすめ商品 

  
  

商品を検索

カテゴリーから探す

ご依頼について

グループから探す

コラム

モバイルショップ

ショップについて

チラシ・販促のお手伝い
〜間取り図屋さん〜

GMClogo
グッドモーニングコミュニケーション

>GMCサービスサイト
>GMC会社案内サイト

・業界初、間取り作成代行のネット通販サービス
・間取り図制作12年の実績、毎日1,000物件以上作成!
・主要納入先:住友林業ホームサービス、三菱UFJ不動産販売、飯田産業 ほか仲介会社・管理会社300社

定休日:水曜日(2022年1月1日から)
制作時間は10時〜18時
※大型連休における休業日は
お知らせにて事前に告知します。