広告代理店が間取り図作成代行を依頼するメリットは?

時間の余裕ができる

広告代理店は、不動産会社からの依頼を受け、新聞の折り込みチラシやポータルサイトなど、あらゆる媒体で物件の広告制作を行います。

ただ、一口に広告制作といっても、顧客を確保するための営業やチラシ、ポータルサイトのデザインなど、こなすべき業務は決して少なくありません。

また、広告制作の中にはもちろん間取り図の作成も含まれていますが、ここまで自社で行ってしまうと、時間的な余裕はほとんど消滅してしまいます。
一方、間取り図作成代行を依頼すれば、本来自社で行う業務を1つ削減できるため、時間的な余裕が生まれます。

チャンスロスを防げる

広告代理店の元には、不動産会社から急な依頼が来ることもありますが、大量の業務を請け負っている最中の場合、なかなか迅速に対応できません。

また、これが売上アップの機会を逃すこと、いわゆるチャンスロスに繋がることも考えられます。

ただ、間取り図作成代行を依頼すれば、数十件など大量の間取り図作成にも迅速に対応してもらえるため、広告の仕上がりが間に合わず、不動産会社に悪いイメージを与えてしまう心配もありません。

コストを削減できる

広告代理店が自社で間取り図を作成する場合、コストはかかりやすくなります。
なぜなら、作成ミスやデザインのバラつきが出ることによって、作成時間が長くなり、これが人件費の増加に繋がってしまうからです。

一方、間取り図作成代行の専門業者に作成を依頼すれば、大きなミスもなく、バランスの良い間取り図をコンスタントに作成してもらえるため、コストは最小限に抑えられる可能性が高いです。

依頼する代行業者のチェックポイント

広告代理店が間取り図作成代行を依頼する場合、各業者における以下のポイントはチェックしておきましょう。

  • 実績
  • 料金、支払い方法
  • データ形式

実績

間取り図作成代行の専門業者に依頼するのであれば、各業者がこれまで何件くらいの間取り図を作成してきたのか、どのような企業に提供してきたのかといった実績をチェックしましょう。

料金、支払い方法

各業者における間取り図1件あたりの料金、その他オプションの料金、初回・月間料金や支払い方法などについても、ホームページ等で確認しておくべきです。

データ形式

各代行業者が作成する間取り図のデータ形式は何か、どれが自社の業務に適合しているのかなども、事前にチェックしておきましょう。

おさらい

この記事のポイントは以下になります。

広告代理店が間取り図作成代行を依頼することで、以下のメリットが生まれる


  1. 広告制作における業務負担、業務時間の削減
  2. チャンスロスの防止
  3. コストの削減

広告代理店が代行業者に依頼する際は、以下のポイントをチェックする


  1. 総作成数、取引企業などの実績
  2. 料金、支払い方法
  3. 納品時のデータ形式
  
  

商品を検索

カテゴリーから探す

ご依頼について

コラム

モバイルショップ

ショップについて

チラシ・販促のお手伝い
〜間取り図屋さん〜

GMClogo
グッドモーニングコミュニケーション

>GMCサービスサイト
>GMC会社案内サイト

・業界初、間取り作成代行のネット通販サービス
・間取り図制作12年の実績、毎日1,000物件以上作成!
・主要納入先:住友林業ホームサービス、三菱UFJ不動産販売、飯田産業 ほか仲介会社・管理会社300社

定休日:水曜日(2022年1月1日から)
制作時間は10時〜18時
※大型連休における休業日は
お知らせにて事前に告知します。