必ず鮮明な原稿をご用意ください。
【制作可能な原稿の例】
以下の項目が鮮明な原稿。

部屋名、帖数の文字
扉や窓、設備等のパーツ
外壁やバルコニーの線

▼マンション原稿例
見本原稿1

▼戸建て原稿例
原稿見本2
 

×【原稿不良になる例】
●不鮮明な原稿●
原稿から文字や設備の形状が読み取れません。


 
★解決策スキャニング時の解像度数を高くする。
鮮明にならない場合は部屋の名称・帖数、設備を
原稿に書き足してください。



●写真の原稿●
カメラで撮影したものは真上から撮っても歪みがあるため作業ができません。


 
★解決策スキャニングした原稿を入稿してください。
原稿のスキャンが難しい場合は手描き原稿でも承ります。
手描きをされる場合は、方眼紙に定規を使用して直線でお描きください。



●2枚に分かれた原稿●
そのままなぞって描けないため正確なトレース作業ができません


 
★解決策縮小印刷した2枚の原稿を、ぴったりと張り合わせてから
再スキャンするなど、1枚の原稿にしていただければ対応可能です。



●フリーハンドで手描きの原稿●
壁のラインなど、本来直線の部分が歪んでいます。


 
★解決策方眼紙に定規を使用して描いてください。
戸建の場合は、上下階の縮尺が合うように描いてください。